WordPressのプラグイン【Revive Old Post】で過去記事をTwitterやFacebookにランダムで自動投稿してみよう!

このブログもSNSと連携を始めて間もないのですが順調にTwitterのフォロワーが増えてきました。

Twitterでよりブログを宣伝する為に便利なRevive Old Postというプラグインを紹介しますねっ

Revive Old Postの機能とは?

Revive Old PostWordPressのプラグインです。
このプラグインの機能は

  • WordPressの過去記事を自動でSNS等のソーシャルメディアに投稿してくれる
    (Twitter、Facebook等)
  • 記事を投稿する間隔を指定できる
  • 投稿したくない記事は除外できる
    有料版ではLinkedin,Xing,Tumblr等のSNSへの投稿や
    固定ページの投稿、投稿するスタイルのより詳細な設定ができるようになります。

などなど、過去に書いた記事をSNS(TwitterやFacebook)等のソーシャルメディアに自動で投稿してくれるプラグインです。

記事数も増えてくると過去の記事は埋もれがちになりますよね?
検索で見られれば良いけど、中には結構力を注いだ良記事なのにあまり見られない・・・なんてことも!
そんな不遇の良記事達にも日の目を見せてあげられるプラグインですっ

記事を再投稿して運良く多くのシェアをもらえれば検索上位に表示されるかも知れませんし
アクセスの底上げになると思いますよ。

プラグインのインストール


ダッシュボードのプラグインから新規追加をクリック



①のキーワードにRevive Old Post

②の画像ではすでに有効化済なので有効になってますが
今すぐインストールになっているはずなのでクリックして下さい。

そして有効化をクリックします。



①プラグインを有効化すると、ダッシュボードのメニューにRevive Old Postという項目が現れますのでそれをクリック

②では設定を登録するソーシャルメディアを選択できますが
まずはTwitterを例に登録してみます。

Add Accountをクリック



アプリ認証画面へ遷移するので

連携アプリを認証をクリック

Twitterでのアカウントを複数使い分けているかたは気をつけて下さいね。
ちゃんとブラウザで目的のアカウントでログインをして確認してから認証した方が安全です。


認証をして


 

Twitterの所にアカウントが登録されれば成功です。

これで自動での投稿設定が完了です。

細かい設定項目がありますが、詳しく調べて後ほど追記させていただきます。

ブログランキングに参加しています♪
応援クリックしてもらえるととても励みになります・・・(〃∇〃)

にほんブログ村 小遣いブログへ