目次を自動で作ってくれるWordPressプラグイン【Table of Contents Plus】

みなさんはブログに目次は付けてますか?

長文の記事は目次があったほうが読みやすいですよね。

どういうものかっていうと

この画像のようにページ内で各項目にリンクしてジャンプできる機能です。

色々ブログを見て回っていると、目次を設置しているブログが多いんですよね。

どうやって作るんだろう?と思って

目次の作り方を調べてHTMLのタグでアンカーを付けたりしたけれど上手く動かない場合があったり、毎回タグを入力するのが面倒くさくなって設置するの止めちゃいました。

それで色々調べてみたらTable of Contents Plusというプラグインを見つけたので入れてみる事にしましたよ。

Table of Contents Plusとは?

WordPressのプラグインTable of Contents Plus(略してTOC+)は、インストールして有効化するだけで記事内の見出し(h1~h6)を自動で目次に生成し、目次の表示場所、条件も細かく設定できるプラグインです。

毎回手動で目次を作成する手間が省けますし、手動で目次を設置した場合、アンカーリンクを間違えたり見出しを変更する時の更新時のミスする場合がありますが、それも考えなくて良くなるのでより記事の作成に捗ると思います。

ユーザーも記事の内容が把握しやすくなります。

ユーザビリティの向上は検索エンジン(Google等)からの

評価も高まリSEO的にも効果があるようなので自力で目次設置が面倒な方には是非おすすめしたいプラグインですね。

Table of Contents Plusのインストール方法

プラグインを選択し新規追加へ

①のキーワードにTable of Contents Plusと入力し検索

②の今すぐインストールをクリック

インストールされたら有効化して下さい。 

Table of Contents Plusの基本設定

インストール済みプラグインからTOC+の設定をクリックします。

基本設定のタブをクリック。

ここから目次の設定を進めていきます。

表示する場所・表示条件


①表示する位置を決める

デフォルトだと最初の見出しの前になってます。

最初の見出しの前(デフォルト)  見出し(h1~h6)の上部に配置
最初の見出しの後  見出し(h1~h6)の下部に配置
 タイトル直下に配置(アイキャッチを表示する設定にしている場合はアイキャッチ下)
 記事内最下部に配置

②表示条件

③見出しテキスト

④目次の表示、非表示の切り替え

⑤階層表示

⑥番号振り

⑦スムーズ・スクロール効果を有効化

 お好みで各項目の設定を済ませましょう!

目次のカスタマイズのやり方もあるみたいなんで次回やってみたいと思います!

ブログランキングに参加しています♪
応援クリックしてもらえるととても励みになります・・・(〃∇〃)

にほんブログ村 小遣いブログへ